エクスプローラー事業

ROV

水中ロボットによるDEEP WATER作業

水中ロボットとは

R(Remotely)O(Operated)V(Vehicle)と呼ばれる遠隔操作無人探査機です

ケーブルに繋がれた水中カメラを船上や陸上のオペレーターが操作することによって、水中を自由に走航する事が出来ます。
また、水中にある対象物の映像や情報(方位・水深・水温データ)をリアルタイムで観察する事が出来ます。

  • 従来の有人潜水と比べると、観察時間の制約を受けることなく、大水深の調査地点でも長時間の観察が可能です。危険を伴わず、安全かつ効率よく調査を行う事が出来ます。
  • 高感度・高解像度のハイビジョンカメラを採用しています。
  • サイドスキャンソナーを搭載していますので、対象物まで安全・正確に接近することが出来ます。

ROV1ROV2

64

船上や陸上からの操作により、水中カメラが水中を自由に走行できるので

  • ダムや各種水路内部点検
  • 海底調査
  • 魚礁・定置網調査
  • サルベージ

など、目的に応じて幅広く調査をおこなうことができます。

水中ロボットを動画でご紹介しています。

大型マルチコプター

マルチコプターは上空からダイナミックな空撮が可能で
フライト前に設定した飛行経路に沿って安定した飛行をします。

高画質のカメラを搭載しており、静止画の場合は最大約1800万画素です。

上空からの様子をリアルタイムで見ながら撮影しますので、対象物をより正確にとらえます。
人が立ち入りにくい場所、高度のある場所、広範囲での観察が必要な場所など
幅広い用途で活躍します。

m1m2

スクーバ潜水

浅海域では、潜水士の資格を有する当社スタッフが調査を実施します。
水産学や生物学を専攻したスタッフなので専門的な視点で調査を行います。
調査結果は環境保全とあたらしい製品づくりに活かされます。

s1s2s3s4